<code id="gxapg"></code>
    <strike id="gxapg"></strike>

    <label id="gxapg"><address id="gxapg"></address></label>

    <thead id="gxapg"><option id="gxapg"><progress id="gxapg"></progress></option></thead>

    1. 情報開示

      情報開示

      請求から開示まで

      • 情報公開法(平成13年4月1日施行)により、誰でも、法人文書の開示を請求することができます。
      • 開示請求された行政文書は、原則として開示されます。

      公開窓口

      公開窓口

      東京学芸大学 情報公開室
      東京都小金井市貫井北町4-1-1(事務局棟 1階)

      なお、各附属学校でも開示の請求は受け付けております。

      受付時間

      月曜日~金曜日 【9:00~16:30】
      (ただし、祝祭日、年末年始、大学受験日等は除きます。)

      担当係

      総務部 広報企画課 広報係 住所:東京都小金井市

      請求できる情報

      本学の職員が職務上作成し、又は取得した文書や図画及び録音テープ、ビデオテープ等の電磁器的記録など職員が組織的に用いるものとして保有しているものが対象となります。→情報公開取扱規程

      種類によっては、保有年限の経過により破棄されているものもあります。 →法人文書管理規則

      個人情報、法人等情報、国の安全等情報、公共の安全等情報、審査検討等情報、事務?事業支障情報などの不開示情報に関するものについては、開示を致しません。

      WEB上の掲載

      PDFデータを掲載しておりますのでWEB上で閲覧ができます。

      直接大学で検索

      上記の2つの方法で、知りたい情報が探せなかった場合には、大学内のパソコンや資料で、職員と共に検索をすることができます。

      開示できない情報

      個人情報 特定の個人が識別される情報等
      法人等 法人などの正当な利益が損なわれる情報等
      国の安全等情報 国の安全を害するおそれがある情報等
      公共の安全等情報 犯罪の予防、その他の公共の安全と秩序の維持に支障を及ぼすおそれがある情報
      審査検討等情報 意思決定過程の情報等
      事務?事業支障情報 試験、入札等に係る事務又は事業の適正な遂行に支障を及ぼすおそれがある情報等

      請求から開示までの流れ

      学芸大学の情報が知りたい!!

      私の知りたい情報があるか問い合わせてみよう。

      相談?案内?検索をしよう。(方法は3通り)

      • 自宅のパソコンからアクセスして調べる→法人文書ファイル管理システム
      • 電話で問い合わせてみる→東京学芸大学 総務部 広報企画課 042-329-7116
      • 直接大学に行ってみる→東京都小金井市貫井北町4-1-1 東京学芸大学 情報公開室(事務局棟1階)

      知りたい情報を発見した!!

      この文書を見たい!!

      大学に開示請求をする。

      • 大学に行って開示請求書を書き、*開示請求手数料を支払う。
      • 郵送で開示請求書を取り寄せ、大学に持参するか、*開示請求手数料を振り込み、領収書を添付して郵送する。

      ※内容によっては開示できないものもあります。なお、その際納付された手数料の返金はできません。

      大学における開示?不開示の決定

      本学で、開示請求があった法人文書の開示、部分開示、不開示について決定します。

      開示決定通知又は不開示決定通知が本学から届きます。

      請求受付後原則として30日以内に本学から、開示決定通知又は不開示決定通知が郵送されます。

      ※不開示決定通知書には、不開示である理由を示しますが、その決定に不服がある場合には不服申立てができます。

      開示決定の場合は、情報の閲覧又は写しの交付が請求できます。

      • 「開示の実施方法の申出書」を本学に提出していただく際に、閲覧、写しの交付等の選択ができます。
          なお、開示する文書の量に応じて開示実施手数料がかかります。
      • 写しを郵送でお送りすることもできます。その際は別途郵送料(切手代実費)がかかります。

      請求にかかる手数料等について

      • 【開示請求手数料】1件につき300円
      • 【開示実施手数料(閲覧)】100枚までごとにつき100円
      • 【開示実施手数料(複写)】文書?図面用紙(A3まで)1枚20円(A2)1枚60円(A1)1枚110円
      • ※閲覧と複写の手数料が300円までは無料。
        それ以上かかる場合には、閲覧と複写の手数料から300円を引いた額が開示実施手数料となります。
      • 【郵送料】文書の重さや大きさによって異なります。

      不服申し立てについて

      不服申立てをしたい!!

      どうして情報が公開されないのか知りたい。

      大学に不服申立てをする。

      不服申立書を本学に提出してください。再度検討いたします。なお、開示の決定が得られない場合には、内閣府に置かれた情報公開審査会に諮問します。

      諮問

      ↓情報公開審査会(内閣府)

      答申

      情報公開審査会から諮問に対する答申書が本学に送付されます。

      決定通知書が本学から届きます。

      情報公開審査会の答申を元に本学から、「不服申立てに関する決定通知書」が郵送されます。

      ※なお、不服申立てとは別に、裁判所に対して決定等の取消しを求める訴訟を提起することもできます。

      情報公開取扱規程

      法人文書管理規程

      情報公開?個人情報保護委員会規程

      国立大学法人東京学芸大学の保有する個人情報の保護に関する規程

      個人情報の開示決定等に係る審査基準

      東京学芸大学個人情報保護ファイル簿

      篮球投注